レーザースターの仕様

図1:「レーザースター」の外観


製造:米国CPP社
輸入元:アルゴファイルジャパン株式会社
図2:顕微鏡から覗いた様子(倍率:x15)

中心部分(十字の中央部分)にレーザーが照射される。
表1 – LaserStarの仕様 —
形式 ND60 ND80
出力 60ジュール 80ジュール
ピークパワー 6.5kW 7.5kW
平均パワー 35W 50W
レーザー Nd:YAG
波長 1,064μm
パルス幅 0.5-20ms
ビーム直径 0.2-2.00mm
電源 200V, 15A
50/60Hz 単相
200V, 20A
50/60Hz 単相
保存可能設定数 80メモリー
機器サイズ 483mm x 952mm x 444mm
溶接ボックスサイズ 346mm x 337mm x 178mm
重量 75kg
生産国 アメリカ
表2 – レーザースターによる各種技工操作時間 —
技工操作時間 診療中での対応 備考
インレー・クラウンの穴埋め、及び、咬合面の調整 10分 可能
溶接は2分程度で行える。
クラウン・ブリッジの連結 60分 困難
口腔内で適合状態を確認し、フレームを固定した後、模型を制作する。溶接時間は3分程度である。
クラスプの修理 30分 可能
クラスプの下腕部は避ける。
金属床フレームの修理 30分 可能
増歯による維持格子の設置(フリーハンド)。

back <<|>> next