まとめ

今回紹介した「レーザースター」は、日本市場への参入が最後発のレーザー溶接機メーカーの製品であるため、現在のメーカーの製品を十分に研究していることを感じさせられる個所が多々見受けられる。その代表的な例が日本語ディスプレイであろう。他社製品では何と書いてあるのかわからないような表示も、これならばすぐに理解することができる。細かいことではあるが、メーカーの日本市場に対する意気込みが感じられる。

レーザー溶接機が日本でさらに普及し、歯科技工技術の発展、および品質管理等のメリットにつながるよう今後の展開に期待する。

back <<| >> 解説動画